ツバサテック

WordPressやスタートアップ情報(fintech,ブロックチェーン,IOT)

WordCamp 2017で覚えたGutenbergを早速使ってみた

2017年9月16日(土) 、2017年9月17日(日)と丸丸2日使って、WordCampのイベントスタッフやってきました。勉強になったし楽しく出来きたとおもいます。忘れないうちにメモ。

一日目の振り返り

まず一日目は、セッションデイです。10:00の今井 瑞江さんの開会式の挨拶を皮切りに5つのRoomでセッションが平行して行われます。A-Dは比較的初心者向けの内容が多かったでしょうか? タイムキーバーとして、参加しました。一日中同じ部屋で、セミナーに参加する経験ってよく考えたら、あまり無いですね。とはいえ、何かしら実行しないと意味がないので、

西川さんのGutenberg が切り開くWordPress の新UX  で説明されてた、Gutenbergを使って早速投稿。

https://ja.wordpress.org/plugins/gutenberg/

実際の作成画面はこんな感じ

個人的にはすごく使いやすいと思います。特にBlock単位で文章を管理できるのはやりやすいと思います。

これも初、Pluginにレビュー投稿します。

まぁ、一言でもw

二日目の振り返り

9月17日 (日) はコントリビューターデイです。コントリビューターとは、実際に手を動かして(PC必須)WordPressに関する、コミュニティ、テーマレビュー、コア開発などなど様々は役割を実際に体験してみる一日です。

コントリビューターデイって何をしたら良いのって人は、以下を参考に。 

コントリビューターデイ開催!WordPressのコントリビューターって何をすればいいの?

WordPressのユーザードキュメント

ユーザードキュメントに 参加しました。これは、WordPressのユーザーマニュアルを追加していく作業です。具体的にはGithubとSorceTreeで更新していくので、「gitまだ使ったことないよ!」って人はやり方も教えて貰えるしとってもおススメ講座です。↓で結構まとまってますね。便利です。

How to contribute このプロジェクトの参加方法

固定回線申込-So-net 光 (auひかり)を導入

久しぶりに固定回線を申込みしてみました。 いままで、GMOとくとくBBWimaxのみだったのですが、稲城市近辺ではどうも夜に回線速度が遅くなることがあります。

いままであまり気にしてなかったのですが、固定回線は回線が安定する(という話)なので、早速いくつか調べてみることに。

特典としては、ビットコイン還元のBitflyerが候補だったのですが、

21000円相当かーと思って、ネットで調べることに。 量販店もそこまで大きいキャンペーンは無かったので、45000円キャッシュバックにひかれて So-net 光 (auひかり)

キャッシュバックプランと、月額大幅割引(月額2980円)がありましたが、キャシュバックプランを選択しました。理由としてauを3年も使うか分からないですからね。

尚、So-net のサイトの料金が少しわかりにくかったのですが、キャッシュバックプランの金額は下記の通りとなります。

【内訳】 1~24ヵ月 基本料金 3,400円 機器利用料 400円 工事費 1,250円

CP割引 -1,250円

合計 3,800円(込4,104円)

25ヵ月以降 基本料金 3,400円

機器利用料 400円

合計 3,800円(込4,104円)

※CP割引=So-net限定キャンペーン割引となり、お安くご利用いただけます。

久しぶりの固定回線の導入でした。 少しでも回線速度が安定すると良いのですが。ネットとセットでスマホがお得!【So-net 光 (auひかり)】を選択しました。

【感想】第2回 Web担当者のためのマーケティングオートメーション講座 を終えました

遅くなりましたが、アップ。 マーケティングオートメーションの勉強会も無事に終了しました。

Web担当者のためのマーケティングオートメーション講座 https://atnd.org/events/88611

参加人数は、第一回 4名 第二回 9名 と徐々に増えてきており、会場が少し心配になってきました。 次回、同じくらい集まるなら正直、Lodgeは使えないかもしれません。

Mauticの勉強会は少ない

もうすでにMauticとか、Marketさわってるよと言う感じの人が来るかと思ったのですが、意外に「マーケティングオートメーションって?」と言う感じの初心者が多かったので、この辺は次回以降色々、構想を練る必要があるかと思いました。

しかしながら現時点でも、Mauticやそれに関連する勉強会ってすくなく、どうしてもマーケティングツール(MAツール)を使いたいと思っていても中々始められないのが現状で改善していきたいですね。 飛び込み営業とか、無意味なテレアポとかほんとに撲滅したい

次回は会場の問題をなんとかするのと、 勉強会内容をもう少し初心者よりで作ってみよう。

SLideshare [slideshare id=76813929&doc=ma20170607-170610011538]

コワーキングスペース7Fの「プロに教わる動画編集講座 - Adobe Premiere CC で実践映像編集」に参加

5月5日のプロに教わる動画編集講座 - Adobe Premiere CC で実践映像編集に参加してきました。

仕事で動画作成をしている吉永篤史(よしながあつし)さんが講師となります。 ちなみに、吉永篤史さんは、2017年5月20日・21日の岩槻映画祭に参加されるそうで、近くの方は参加下さいね。

Adobe Premiereのサイトで初心者用のビデオはあるんですけど、そもそも画面が、Word,Excelなどど勝手が違っていて?な感じでした。 Adobeビデオ編集テクニックの基本

とはいえ、本読んでも分かりにくいし、慣れない作法でAdobe Premiereを辞めようかなー?と思っていたところに。

一日がかりの面白そうなイベント発見しました。さっそくポチっ。

内容は、以下の通りで、メモほとんど取ってない(というかとる暇なかった)ですが、とても勉強になりました。

■ 講座のゴール ・Adobe Premiere CC で動画編集をして初めての方でもYouTubeにアップロードすることができるようになります。 ・「見やすい動画編集」の基礎を身につけられます。 編集の基礎と効果的なエフェクトを約1分の動画を完成させる実践を通じて学んで見やすい動画編集の基礎を身につけられます。 ・プロの視点でちょっとした演出を編集にくわえることで 「印象に残る映像」に仕上げることができます。効果的な編集テクニックをお教えします。

「これからAdobe Premiere CC 」を使ってみようと思っている人向けに動画編集する前の準備段階までをシェアします。 尚、このイベントは2回目もやるかも?みたいな感じだったので、興味ある人は、コワーキングスペース7Fをチェック下さい

Adobe Premiere CCのポイント

動画編集ソフトの代表的なものに AdobePremiaCC,FinalCutPro,Edius,Vegas があります。

写真貼ったりするだけなら、Macに標準で入っているimovieとかでも良いと思います。(つばさ思い込み)

【作成準備】 1.~3.までのファイルの作成が必要です。

1.フォルダをまとめる まずは、必要となる素材ファイルを作りましょう。素材ファイルは以下のようにまとめると良いと思います。 音声 映像 SE

2.プロジェクトを作成 素材データをまとめる為のプロジェクトファイル、まずは作成が必要です。

3.シーケンスを作成 プロジェクトの中の編集フォルダみたいなものです。

ここまでで動画を編集する準備ができました。 ここからは、ある程度知識ある方なら、独学ですすめるのではと思います。

以下の公式サイトなどを参考にすれば良いと思います。 Adobe Premiere Proで、映像素材を完成したムービーに仕上げましょう。

まとめ

Adobe Premiere Proは、初心者向けの講座ってなかなかないので、こんなイベントが増えてくると良いですね。

Excelを使ってWordPressの記事をインポートする方法!

Excelを使ってWordPressの記事をインポートする作業です。 大量の記事をExcelで管理している人におすすめです。

CSV Importerをインストールする

CSV Importerをインストールしてください。

インストールが完了したら、プラグインを有効化に設定します。

CSV Importerのインストールが完了したら下図のように、WordPressの管理画面の「ツール」にCSV Importerが表示されます。

元となるExcelファイルを作成します。

Excelファイルを準備します。 エクセルファイルの一行目には、それぞれ該当する項目が必要です。

今回は ファイル名「inportsample-csvimport」 ・タイトル ・本文 ・カテゴリ-testcategory で投稿記事に反映されるエクセルファイルをつくりました。

サンプルファイルは、こちらになります。

一行目に入力するタイプの詳細情報については、以下を参考にしてください。

csv_post_title:記事タイトル csv_post_excerpt:記事抜粋 csv_post_post:記事本文 csv_post_categories:記事のカテゴリー。 複数入力する場合は「,」で区切る csv_post_tags:記事のタグ。 複数入力する場合は「,」で区切で区切る csv_post_slug:記事のスラッグ名 csv_post_date:記事の投稿日時。 「YYYY-mm-dd HH:ii:ss」の形式で入力 csv_post_author:投稿者名

参考: Excelデータを簡単にWordPressへインポートする方法!大量データの作成に必須

Excelファイルをインポートさせる

インポートをさせる前に、ExcelファイルをCSV(UTF-8)に変更する必要があります。 使っているExcelのバージョンにより方法が異なります。

Excel 2016 の場合 ファイル名を保存⇒CSV UTF-8 (カンマ区切り) (*.csv) 参考: ExcelファイルをUTF-8のCSV形式で保存する方法(Excel 2016最新機能)

Excel 2013の場合 1.Excelでファイル名を保存⇒CSV 2.Excel で作成した CSV ファイルをWindowsのメモ帳で開く。 3.Windowsのテキストファイルの名前をつけて保存でUTF-8を選ぶ

操作画像

参考: Excel で UTF‐8 の CSV を作成したい

作成したファイルをWordPressにインポートさせる

最後に先ほどテキストファイルで保存したデータを、WordPressの管理画面からインポートさせます。

ツール ⇒CSV importerを選択してインポート作業

無事に完了したようです。 設定が間違っていると、以下のようなメッセージが表示されます。

Skipped 7 posts (most likely due to empty title, body and excerpt). imported 0 posts and 0 comments in 0.01 seconds.

投稿一覧で確認します

まとめ

数件の記事であれば、WordPressの投稿一覧で管理しても良いですし、結構多くのデータをインストールする必要がなければ、Excelデータでインポート作業をする必要はないと思います。 今回は、複数人で記事を管理したいとかアウトソースする場合などに覚えておくと良いテクニックですね。

Microsoft のQnA makerでFAQbotを作成してみました。

コードかかなくてもできるMicrosoft のQnA makerを使ってbot作ってみました。

Q&A をコーディングなしで BOT 化! Cognitive Services QnA Maker による Bot 作成 を読んで、これすごいと思って作ってみます。私は、一度 Line botを作っていたのですが、メンドクサイなと思い途中で挫折した組です。

本当にURL入れるだけでできるbotアプリ

Microsoft のQnA makerで、ローン系のFAQbotを作成してみました。元のサンプルは50個ほど作成しました。 動作としては、単純ながらも本当にコードも書かずに実装できてます。

試してみて思ったこと

英語版は色々汲み取ってくれるらしいのですが、日本語版は、適切なワードのチョイスがシビアで、以下のようなメッセージが多いです。

現在、全て無料アカウントですが、1分間に10回しかチャットのラリーしかできない為、 人が多く集まるサイトには向いていないという欠点もあります。

10,000 transactions per month, 10 per minute. Free

10回やるとこんなメッセージが

{ "statusCode": 429, "message": "Rate limit is exceeded. Try again in 37 seconds." }
有料プランについて、Microsoftの公式ページに確認したところ以下のようなメッセージが到着しました。 「検討しているが、発表時期は未定」みたいですね
> Right now we do not have a paid subscription model, however we have introduced a premium subscription tier with increased quotas, to encourage production deployments of the service.
まとめ
登録方法など、省いてますが、公式ページで登録するだけの作業なので、英語に抵抗なければ、そこまで難しい作業ではないと思います。

さらに細かく作りこみたいという人は、Azure BOT Serviceを使うと良いでしょう。 Azure BOT Service とCognitive Service QnA MakerでFAQのBOTを作る

他人と仕事とやる時のコツは、おおまかな機能と標準納期を知ること

発注者「すみません、SNSトラフィックをカウントするシステムを作って欲しいんですが、ちょっとお願いできますか?」 開発者「えーと、どういうことでしょうか?」 発注者「とりあえず、Twitterに投稿した時に、自社システム内で、投稿数をカウントすることができれば問題ないです。」 開発者(Twitter投稿を自動でカウントできれば良いのかな・・・?」 「分かりました、トラフィックのカウントができれば良いのですね、それだけなら簡単なので、1週間くらいで納品できます」 発注者「ありがとうございます。あと、ついでにおみくじ機能みたいなも付けてもらえませんか?」 開発者「おみくじ機能ってどういうことでしょうか?」 発注者「例えば、Twitterでタグをつけた時人に対して、抽選で何かをプレゼントするような機能です」 開発者(全然ついでの機能っぽくない・・気がする。) 発注者「これって大変な作業ですか? 適当に動けばいいのですが」 開発者「具体的にどういった機能を付ける予定でしょうか?」 発注者「こんな感じのキャンペーン(http//hogehoge.com)を、つけてもらえれば良いです。」 開発者(全然違う実装機能だ、オプションで受けるものではない。」 発注者「私も全然分からないのですが、できれば、納品する時にこの機能も実装して欲しいんです。同じタイミングでできますか?」 開発者「全く違う機能なので、できません」 発注者「これって大変なんですか? どうすれば、できるのでしょうか?」

****このあと、発注者からの、ぐだぐたの施策説明が、はじまり。結局、最初の注文も、何も決まらないまま打ち合わせ終了。

最近実際にあった会話です。私自身も発注者側なので、戒めの為にもこういうことを書いておこうと思いました。 今回の案件って、①SNS投稿カウント機能の実装 に加えて②おみくじ機能 という注文ですが、発注者が何も理解してないまま、強引に話をしようとしています。 結論、受注には至らなかったので、開発者、発注者双方にとって残念な結果になっています。

また、おみくじ機能の要件が全く定まってないにも拘わらず、強引に発注者側から説明が始まり、開発者は延々と作業を聞くしかありません。

どうすれば良かったか?

今回の要件は、以下の①、②の実装です。そして、①、②の両方が成立しないと発注ができないのであれば、以下のように聞くことができます。

【必要な実装機能】 ①SNS投稿カウント機能の実装 ②おみくじ機能

【確認項目】 ・それぞれの作業納期 ・おみくじ機能を実装するのに、何が必要なのか?

実装機能をあらかじめ、発注者が知っているかどうか?は、大きなポイントで、本当は発注者がもう少し勉強すれば良いですね。私も「自分でコードかけば、いいじゃん」と思われているんじゃないか?と反省することが多いです。今回、自分の振り返りも含めて、エントリーしました。色々な人とコミュニケーションをとれるようになれば良いですね。