ツバサテック

WordPressやスタートアップ情報(fintech,ブロックチェーン,IOT)

4年ぶりに新刊きたーー、しかも待望のアノ人登場「ジグβは神ですか」 (講談社ノベルス)

もう前に読んだのは、いつのころからか、それほど昔のことのできごとのようでした。 3月に入り久しぶりに書店に入ると、「待望の森ミステリー」との広告が。 「ジグβは神ですか」正直タイトルみたときに、あれ?こんなの読んだっけ?? と思いました。 しかし、手に取ってみると発行日が2012年 。。「ん??」と確認したら、まさかのオリジナル新刊! 即決でした。

いや〜 実に4年ぶりなんですね。内容を読んでみると物語も4年間の月日が流れています。 著者は、最初から4年間は空ける予定だったとか。。(それならそうといってくれれば。。)

前作のつなぎというか、思い出すためなのか、ところどころに読者の向けに説明口調なところがあって、あ〜そういえばこんな人いたな〜というのが、わかっててとても親切です。

ともあれ、Amazonの説明にも書いていますが、いよいよ、アノ天才博士登場です。 次回まで次は、どのくらい待たせるのだろうと思いながら、現在四季を読み直してます。

ジグβは神ですか (講談社ノベルス)