ツバサテック

WordPressやスタートアップ情報(fintech,ブロックチェーン,IOT)

カスタムフィールドテンプレートを使う。カスタムフィールドの値がない時に表の列を非表示にする

やたら、タイトルが長くなってしまいました。作業用のメモ。 カスタムフィールドテンプレートを使って、表をつくる際に全ての投稿記事でカスタムフィールドが入力されていれば良いですが、値(key値)が空欄になる時があります。

表で作っていると、空欄でも表が作成されてしまうので、少しかっこ悪くなってしまいます。 そんな時には、簡単に、カスタムフィールドの値がない時に表の列を非表示にする方法があります。

表の作成

例えば、下記のような表を作ったとします。 カスタムフィールドは、それぞれ

店舗名 key=12345店 住所  key=東京都新宿区新宿 電話番号 key=00-0000-0000 定休日 key=空欄 お知らせ key=空欄 を入力します。

定休日、お知らせが そのまま、カスタムフィールドテンプレートで表示すると、以下のようになります。 カスタムフィールド表示(省略1)

これを、定休日、お知らせが空欄だった場合には非表示とするようにつくります。 やり方は、tableタグで囲ってあるカスタムフィールドにPHPコードを追加してやるだけです。 [html]<?php if(get_post_meta( $post->ID, '空欄時に非表示にするカスタムフィールド', true )): ?> 表示する項目 <?php endif; ?> [/html]

例の場合だと、下記のようなコードをつくります。 CSSは、ご自身で作成下さい。

[html]/ 値がない場合に表を非表示にする / <?php if(get_post_meta( $post->ID, '定休日', true )): ?> <tr> <td class="data1"> 定休日 </td> [定休日]<br> </td> </tr> <?php endif; ?>

<?php if(get_post_meta( $post->ID, 'お知らせ', true )): ?> <tr> <td class="data1"> お知らせ </td> [お知らせ]<br> </td> </tr> <?php endif; ?> / ここまで /[/html] カスタムフィールド表示(省略2)